<


土砂降りの雨 詞:夏川ゆう 曲:智 唄:智

土砂降りの雨が寒々しい
あなたの温もりがほしくなる夜
街のネオンが雨で滲み 私の顔も
窓硝子に反射して泣き顔のよう

窓に『好き』という文字指で書き
大切に想う気持ち膨らませば
逢いたくなる… 声が聞きたくなる・・・
今 何を想い 何をして過ごしているの?

あなたに逢いに行ってもいい?
何も言わず ギュッと抱き寄せてほしい
雨が止むまで 夜明けの光が見えるまで
私のひえた身体暖まるまで・・・


頬杖つく度近づく寂しさ
あなたの様々な仕草数えれば
逢いたくなる・・・夢を語りたくなる・・・
今 何を感じ 何について考えてる?

あなたのところに行ってもいい?
何も聞かず ギュッと抱き寄せてほしい
深い夜更けまで 夜明けの街が見えるまで
私のひえた身体暖まるまで・・・


あなたに逢いに行ってもいい?
何も言わず ギュッと抱き寄せてほしい
雨が止むまで 夜明けの光が見えるまで
私のひえた身体暖まるまで・・・